ダイキンから家庭用エアコンと空気清浄機のリコールが発表されました。

イメージ 1

内容は室内機のファンモーターに異常電流が流れて、煙が出たり稀に発火することがあるそうな!原因としては、モーターに付いているコンデンサーの絶縁不良でショートするのが原因らしい。コンデンサーの不良は多発傾向?

イメージ 2

自宅のエアコンはすべてダイキン製です。
さっそく調べてみると… 1台だけ該当製品でした。 ^^;

イメージ 3

さっそくフリーダイヤルで連絡して、今日22日に点検することに…

イメージ 4

モーターに付いているコンデンサーの絶縁を調べると問題ないとのこと。
室内機の基板から出ているファンモーター用のコネクターを外して、その間にヒューズを入れるだけであっけなく終了!予防処置ですね。
(矢印部分のワイヤーを追加装着。ヒューズが付いてました。)

試運転してみると、ランプが点滅するだけで運転しない。 (?_?)
調べてもらうとモーターは正常で、室内機の基板の異常らしい…


サービスマンの方が会社へ連絡して、あっさり無償で基板交換することになりました。パーツは取り寄せなので、また後日改めてにはなりましたけど。

推測ですが7年程度経過しているエアコンなので、おそらく基板のコネクターを抜いて差し込む時にストレスがかかり、ぎりぎりOKだった物がハンダ割れもしくはパーツの不良を引き起こしたんでしょうね。

最近は修理と言ってもまるごと交換で、不良パーツだけ交換することは無いですね。一つ一つのパーツも小さいので、まあ現場では無理だと思います。
不良基板は持ち帰って、技術部などで検査はするんでしょうけど…



\?\᡼\? 4にほんブログ村 その他趣味ブログ