やっと西日本の雨も一段落しました。これで梅雨明けしたようですね。
無線ネタが続いているので、今回は自室で現在使っているプリンターです。

プリンターはすべてEPSONを使っています。
各プリンター純正インク使用です。
染料インク6色機でのフォトプリントの画質はエプソンが群を抜いていて、非常にキレイ(もちろん高精細印刷時ですが)だと思います。

・PX-A650(顔料インク)
ハードオフで数ヶ月前にジャンクを入手、で動作チェック→外観が汚れていただけで完動品、!(^^)! で清掃し
問題なく使用中(インクも各色ほぼ80%残だった)

前回紹介しましたが、ほぼQSLカード専用になっている。
普通紙に印刷するのに、染料プリンターに比べて画像がくっきりと印刷できるのと
水濡れに対しても顔料インクだと滲まないから良いですね。↓

イメージ 1イメージ 2










↑こちらがPM-A950とPM-G820(染料インク)で 計3台のプリンターを使用。

・PM-G820(染料インク)
ヤフオクで2年前に完動品を入手、使用頻度も少なく美品でした。
メインプリンターでほぼフォト印刷、CD/DVDのレーベル印刷にも使用。
付属ソフトのEasy Photo Printでオートフォトファイン6を使用、無補正でほぼ良い感じに仕上がります。(そのうちアドビフォトショップも使ってみたいなと思っています。)

PM-G820は最小1.5plの各色180ノズルで画像はキレイ、印刷スピードは速い
えっ、こんなにきれいなの?導入時はホント感動したものです!(^_^)v
PM-G820は1Fのパソコン用にもう1台あります。Hi


・PM-A950(染料インク)
ヤフオクで数ヶ月前に動作品を入手、CD/DVD印刷の時にトレーを認識しないで問題ありとのことでしたが、トレーガイド切り替えのマイクロスイッチの接触不良が原因で、何度か動かしているうちに完全復活しました。(*^_^*)
主に普通紙印刷で使用、たまにフォト印刷

フォト印刷は補正なしだと色調がシアンかぶりがあるのと少し暗い感じに仕上がるので、Easy Photo PrintでオートフォトファインEXの補正量を標準から+2~+3、明度を+2にするとPM-G820とほぼ同等の色合いになった。(メーカーの初期設定がおかしいのかも?)
以前は色補正で調節しようとしたら、なかなか良いポイントが見つからず、偶然この設定で印刷したら良い色具合になったので、数枚いろんな画像で印刷してみて確認。以降フォトプリントは、この設定で印刷しています。

PM-A950も最小1.5plの各色180ノズルで印刷スピードはさらに速い
普通紙用紙だけですがフロント給紙・背面給紙と選択できるので便利、
スキャナー部は別に単体のがあるのであまり使用していません。

---------------------------------------------------------------------

いずれも4~5年前以上の製品ですが、これには以下の理由が…

↓↓
プリンターの画質は4~5年前に行き着くところまでいって、あとは無線LANなど付加機能の差だけなので現在でも不満なく使用できます。
またインクも最近のプリンターのカートリッジは、実質容量が減っていますので旧型製品の方がお得かと…(顔料のプロ用A3プリンターは、カラーマネージメントの面で進化していますけど、そこまではまだ必要ありませんので現状満足です)

価格.comなどのクチコミやブログなどに、エプソンはノズルがすぐ詰まる・インク消費が多すぎ、など掲載されていますが使用頻度が少ない場合によく起こる現象です。
私みたいに1週間に1回以上使用する環境ではノズルはめったに詰まりませんよ。
プリントする場合のインク消費も妥当な範囲と思いますが…

ただ1ヶ月も使用しない場合は、次回起動時またはプリント時に自動的にハードなクリーニングをする仕様なのでインクをかなり消費します。
また使用頻度が少ないとインクが詰まりやすくなり、詰まりがひどい場合は何回もクリーニングしないと詰まりが解消しないので、インク消費も確かにすごいでしょうね。
これはピエゾ素子方式(自分で調べてね)の宿命ですので、使用頻度が少ない場合はある程度仕方ないのですけどね。

プリンターの詰まり解消方法・分解方法・インクについて・他にもいろいろありますが、また次の機会にでも…

イメージ 3←にほんブログ村 パソコン・周辺機器
 よろしければポチッとしていただければ…