JE4CERのアマチュア無線と趣味ブログ

ヤフーブログから引っ越してきました。こちらではヤフーでの記事掲載としライブドアブログでの記事とは分けています。

2011年01月

積雪…


イメージ 1
朝起きたら、雪が少し(1cmくらい)ですけど積もっていました。
どうりで今朝は寒いと思った…

この地では雪が積もることは
ほとんどありません、一冬に1~2回くらいかな?

それにしても今年の寒さは異常ですね、灯油はいつもの年の1.5倍以上使っています。

今日は昼前から仕事なので、今から支度して出かけます。


その後… PX-G930 GET


前回PX-G920を整備しましたが、現行のPX-G930が欲しくなり調べてみました。
最低価格が32,000円弱、家電量販店サイトで36,000円くらい、けっこうなお値段で!
こりゃ無理ですね~、その後なにげなくヤフオクを見てみると…

PX-G930が即決価格で出品されている…(゜o゜;

しかも付属品すべてあり、ノズルチェックは完璧、YとCが少なめだけど…
価格も相場程度、いや安めかも…
PX-G920のプリント具合が気に入っていたので、しばし思案…の後、落札しちゃいました。以前も書いたけどUSEDについては気にしていません。

イメージ 1で昨日到着したけど、仕事に出かけるため外観・付属品とノズルチェックだけ確認。

製造年月日は、なんと2010年3月1日でした。
廃インク値 0573(16進数)で10進数換算で1395、使用頻度は少なめで外観中身ともに非常にきれいな状態!
(単機能プリンターは用紙と電源ボタンの同時押しでノズルチェックと共に印字されます)

なんかすっごく得した気分です。


今日は帰宅後、さっそくテストプリントしてみました。(いつもの画像)

イメージ 2
PX-G930                   PX-G920

超高精細印刷で、PX-G930→オートフォトファインEXPX-G920→オートフォトファイン6のデフォルト設定。
何種類か印刷したけどPX-G930がほんのわずかに暗めになる印刷結果で、コントラスト感は好みの感じです。色合いはオートフォトファインEXの補正が良くなったのか、画像のとおりです。(画像によっては、ほとんど変わらないのもありました。)
↑その後色々と印刷比較したところ、PX-G930がちょうど良い明度で印刷されPX-G920の方が明るめの印刷結果になることが判明!詳細は後日…
(1/27訂正)

全体的に好みの色調です。
顔料インクの変則インク構成なので、粒状感はハーフトーンあたりに出やすいけど、目をこらして見ればの話で通常見る場合はまったく問題ありません。
それよりも染料プリンターの経時変化による色にじみの方が気になりますので…

PX-G930は2Fの自分の部屋用にして、PX-G920は1Fで使用することに変更!

凝り出すと止まらんこの性格、う~ん!!!


イメージ 3←にほんブログ村 パソコン・周辺機器


閉じるコメント(2)

  • 顔アイコン
    こんばんは。いつも訪問頂きありがとうございます。
    顔料インクというのは良さそうですね。
    私のプリンターはPM-G700で、DVDへのラベル印刷しかしていないのですが、滲んだような仕上がりで、いつも気になっています^^; 削除
    ROBOC ]
     
    2011/1/21(金) 午後 11:08
     返信する
  • 顔アイコン
    こんばんは、こちらこそ訪問ありがとうございました。
    ROBOCさんの記事はいつも興味を持って見ています。
    電子パーツ系の記事も好きなので…

    ラベル印刷は、DVDメディア自体との相性もあるようです!
    私はMaxellのDVDに染料プリンター(PM-A970やPM-G820)で印刷していますが、特に顕著なにじみは無いようです。

    またそちらにも訪問コメントさせていただきますね。(o^^o) 削除
    JE4CER
     
    2011/1/22(土) 午前 0:45
     返信する

PX-G920 テストプリント雑感


先日分解清掃したPX-G920のテストプリントをしました。

その前にノズルチェックパターンを…
、前回よりもさらに良くなりました。

イメージ 1マゼンタがあと2カ所、ブルーが1カ所になりました。そのうちマゼンタとブルーの各1カ所は、少し前のノズルチェックパターンで出ていた所なので、インクカートリッジ内の細かい気泡が原因だと思います。

この状態でカラーパターン印刷やフォトプリントでも、特に問題ありませんでした。
(肉眼で見る限りは分かりません。ルーペで拡大したら…どうでしょう?)
実用で差し支えないので、とりあえずこれで良いでしょう。

イメージ 2プリンターの置き場所も少し替えて
PM-A970・PX-G920を並べました。

ここに置いてたPM-A890は最初から予備機としていたので、別の場所へ移動…。



さっそくいつものように、フォトプリントをスキャンしたものを…

イメージ 3
   PX-G920 ↑↓                 PM-A970 ↑↓
イメージ 4

いずれも「超高精細」のデフォルト設定での印刷です。

色合いはPX-G920の方がおとなしい感じでプリントされています。
染料プリントのPM-A970の方がぱっと見た感じでは色合いがきれいだけど、なんとなく誇張されているような感じですね。顔料プリントの方が、実際の色が出ているようです。

また染料プリントは5ヶ月前のプリントですが、細かい所をみるとマゼンタが滲んできていました。某クチコミ掲示板でも掲載されている現象です。今回染料と顔料を見比べてはっきりと確認出来ました。(染料プリントだけ見ると、気がつかなかったと思います。)→用紙がRCペーパーというプラスチックコート紙なので化学反応らしいです。

でもぱっと見た感じは染料プリントがきれいに見えますね。 (*^_^*)
あとは好みの問題ということで…

PX-G920のインクの減りは早いですね、超高精細・L版10枚印刷するとシアンが減って行くのが分かります。次がグロス、イエロー・マゼンタはその半分くらい、あとの色はあまり減っていないですね。

またいろいろと試してみてレポートしましょう。

(あとどうでも良いことですが…、インクカートリッジのシールデザイン変更)
イメージ 5それからインクはハードオフでシアン以外を格安で入手しました。2009年~2010年前半製造のものです。シアンは無かったので近所の家電量販店で2010年後半製造の物を入手したため判明。
カートリッジ上面のシールデザインが変更されています。(グレーベースから各色の色ベースへ変更、表面のデザインは同じ)

→32系や47系など他のインクも同様に変更されていました。


イメージ 6←にほんブログ村



PX-G920 分解清掃 その2


前回 PX-G920 の外装上側を外すまでを掲載しました。
今回は具体的な清掃方法を…

イメージ 1←プリンター外装を外した状態

なおシリーズになっているPX-G900、G930とPM-G800、G820も同じです。
PM-G800、G820はここまでしなくても、たいてい以前の掲載方法で処置できます)


イメージ 2←プリンター前面右下の部分です。
廃インクをプリンター下部の廃インクパッドに流し込むチューブが2本見えます。
上側の緑ラインのチューブがインクパッド左側(Y/M/C/MB)で、下側の赤ラインのチューブがインクパッド左側(BK/R/BL/GL)から来ているチューブです。

イメージ 3都合良くここで細いパイプに接続されているので、外して(下側のチューブ・赤のラインの方)を外して、詰め替えインクに使うインク吸引器などをつないでおきます。
なお左側も詰まっている場合は、同様に行います。(グロス・ブルー・レッドが詰まりやすいようなので、必要ないことがほとんどのようです)

ここにいつものように、レンジ換気扇用のマジックリン原液をあふれるギリギリまで入れて数分待ちます。頃合いを見てインク吸引器のピストンを引いてこれを吸い取ります。これを何度となく繰り返しです。

イメージ 4イメージ 5







↑マジックリン原液注入       ↑10回程度繰り返し後

特にヘドロ状態になっている場合は、なかなか画像右側のようになってくれません。
このプリンターの場合は、インクが固着してどろどろ状態だったので10回くらいの洗浄でようやく左側のように正常時に戻りました。(最初はピストンを引いてもスムーズに吸い取れなくて、5回目くらいから比較的スムーズに吸引できました。)

廃インクパッドの左側には、見えないけどプリントヘッドが定位置に行く時に出てくるゴムべらが収納されています。これもヘドロ状態なのでできれば清掃した方が…

終了したら、チューブを元に戻すのを忘れないように…

イメージ 6プリンターの上側にるのがPM-800/900シリーズの電源SWユニットです。廃棄プリンターのものを保管していました。
なければ(普通は持っていませんよね…)外した電源スイッチのフラットケーブルをつないで動作チェックです。組み立ては動作確認後の方が良いと思います。

分解したついでにすみずみまで清掃したのは、いうまでもありません。
(*^_^*)

さすがにジャンク品、けっこうな汚れやホコリのかたまりが出てきました。
縁なしプリント時のインク吸着スポンジや左端のスポンジは、インクが固着して固くなっていました。
(さすが顔料インクと感心!)→外してマジックリンで洗い復活!

イメージ 7インクを取り付けて動作確認、3回ほどヘッドクリーニングをしてノズルパターンを印刷、ほぼきれいに出ました。
(インクが20%程度減りました)
  (>_<)

あとはそのうち回復するでしょうね。


インクを外していたりした期間が長ければ、こちらの処置も必要に…


イメージ 9まだ少し出ていないところがあるけど、とりあえずこれで終了。

あとは使っていくうちに解消する場合もあるし、ヘッドクリーニングを何回かすればOKだと思います。

カラーパターン印刷を行いフォトプリントも数枚印刷したけど、特にスジが入るとかムラはありませんでした。ブルーはあまり関係ないのかな?
(なぜか廃インク値が僅かだけど減ってる…)表示は16進数の数値です

またそのうち顔料プリンターでの、詳細なフォト印刷のレポートを…

PX-G900/G920/G930/G5000/G5100の33系のインクを使用する顔料プリンターは、色材の溶剤などの関係から使わない期間が長いと固着してしまうことが多いようです。使わない時でも電源を入れるだけでも違うと思いますが…


イメージ 8←にほんブログ村

PX-G920 分解清掃 その1


今日、正確に言えば12日ですがハードオフで PX-G920 のジャンク品を購入。
ジャンクのためインクはほとんどなしの状態です。そのため格安ですが…

イメージ 1以前から興味があったプリンターです。
フォトプリントはいままで染料インクでプリントしていたけど、顔料インクだったらどうなのかなと興味を持ったのがきっかけ。

あるときなんとなく PX-A650 でフォトプリントしてみたら、4色なので確かに粒状感はあるけど、なんとなく落ち着いた雰囲気で仕上がったのでこれは良いかもと…

染料インクでのプリントは、確かに鮮やかで一般受けはするけど“しっとりとした感じ”は出ないので…

さっそく電源を入れて中を見てみると、インク受けの右側(BK/R/BL/GL)部分が固まっていてヘドロ状態… (+_+)
  (画像撮り忘れました!)
やっぱりね、このシリーズは使用頻度が少ないと必ずこの状態になるようです。
インクはもちろん右側の4色はほとんど出ていない状態。

イメージ 2で、さっそく分解清掃ということに

・分解手順

裏側のカバーを外します。
ネジ3本でカバーが固定されているので
ゆるめると…

イメージ 7フラットケーブルの一番手前が電源スイッチなどの操作ボタン部のものなので引き抜いておきます。
上部カバーを止めているネジがあるので外して、横長のスリット部にミニドライバーなどを差し込んでプラスチックで止めてあるポッチを外します。(左右両側にある)
これで後ろ側が外れます。

イメージ 3あっ、その前に給紙トレーを外しておいた方が良いでしょう。
(はめ込み式なので簡単に外れます)

前側は上蓋を開けると3本のネジが見えるのでこれを外しておきます。


イメージ 4プリンター下側手前の左右にスリットが見えるので、ここもミニドライバーなどを差し込んでプラスチックで止めてあるポッチを外します。

これでプリンター上部の外装が外れます。

イメージ 5さあそれでは… 

長くなるのでまた次回にします。
(例によって、いつものマジックリンでお掃除中です。かなりの汚れで受け皿のインクが固着しているので、時間がかかりそうな感じがします。)

その様子を1枚だけ…



(2013.8.23 追記)
分解手順についてお問い合わせがありましたので、画像を追加しておきます。
画像はPM-G820のものですが、分解手順は同一です。
当然ですが自己責任で行って下さい。

・給紙トレー部分
イメージ 8イメージ 9







左右どちらでもOK!ミニドライバー等でプラスチック部を押さえ込んで外す。

・プリンター外装前面部分 
排紙トレーは引き出した状態で行って下さい。)

イメージ 10
矢印の3カ所で固定されています。

イメージ 11イメージ 12










①は右側の大きなツメがスリット前部分の突起に入り込んでいます。
本体左側の固定も同じ方法で止めてます。
②は外装側内部に突起があり、かみ込ませているので前側から隙間にマイナスのミニドライバーを入れ、固定部分を押してやると外れるけど破損しやすいので注意。
(このはめ込みは破損してもほぼ影響なしですが…)

イメージ 13というわけで、左右のツメを外す場合は両端のスリット部分から、ミニドライバー等をこのように前部分を外すように入れ込んでツメのロックを外します。

この時、外装部分を持ち上げ気味にしながら外すとわりと容易に分離します。
②の部分はこの後に外します。

清掃方法は状態によって複数対処方法がありますので、PX-G900/920/930の記事も良ければ参考にして下さい。

なおご質問のPX-G930は現行商品なので、ムリだと思ったら修理に出した方が良いと思います。
(定額修理11,550円+ドアtoドア送料1,575円です。) 


イメージ 6←にほんブログ村 パソコン・周辺機器


閉じるコメント(10)

  • 顔アイコン
    PX-G930を所有していて、目詰まりが頻繁に起こるし、色が思うようにでない。
    どうにかならないかと調べていたところこの記事が目にとまりました。
    分解して、掃除しようとしたのですが、
    次の2つのところがわからないので分解できません。
    もし、できましたら、もう少し詳しく記載していただけないでしょうか。
    折角の素晴らしい記事ですので何とかよろしくお願いいたします。

    >あっ、その前に給紙トレーを外しておいた方が良いでしょう。(はめ込み式なので簡単に外れます)
    と、いうことですが、簡単にはずれません。どこではめ込んであるのか見当が付きません。

    >プリンター下側手前の左右にスリットが見えるので、ここもミニドライバーなどを差し込んでプラスチックで止めてあるポッチを外します。
    スリットは確かにありますが、「プラスチックで止めてあるポッチ」というのがわかりません。

    なにとぞよろしくお願いいたします。 削除
     
    2013/8/19(月) 午前 8:09
     返信する
  • 顔アイコン
    お返事が遅くなりました。
    ここの所、公私ともに多忙でブログを見ていませんでした。m(_ _)m

    ご質問の件ですが、あとで追加掲載しておきます。
    ・給紙トレーを出す際にフタの回転する部分がはめ込みになっているだけですが、力加減をしないと割れることがあります。自己責任でどうぞ!
    ・ポッチというよりは、はめ込み部分になりますが…
    分解してみると納得なんですが、この画像だけでは分からないと思います。同系列のPM-G820ジャンクがあるので、この部分の分解画像を参考にして下さい。(外観同じで分解手順も同一です。) 削除
    JE4CER
     
    2013/8/23(金) 午後 3:28
     返信する
  • 顔アイコン
    はじめまして。
    PX-G920をどうしても分解洗浄したくてこちらにたどり着きました。
    写真がとてもわかりやすくて、指示通り進めました。
    1.下のネジ、3本外す。
    2.フラットケーブル(手前1本)と上部カバーを留めている後側のネジ2本を外す。
    3.給紙トレー外す。
    4.上蓋を開けて前側のネジ3本を外す。
    5.スリットにドライバーを差し込んで前側のポッチを外す(3箇所)
    ここまで、できました!!

    しかしどうしても外装がはずれません。。。
    あちこちから力をかけてみたところ、上の方が噛んでるように感じます。
    上蓋を留めているモノが、本体にも絡んでいるのかな???と思って触っているのですが、、、ハズし方がどうしてもわかりません。
    お忙しいところ本当に申し訳ありませんが、ご教示願えないでしょうか。。よろしくお願いいたします。 削除
    こざる ]
     
    2014/11/21(金) 午後 6:15
     返信する
  • 顔アイコン
    こんばんは、訪問ありがとうございます。
    ご質問の件了解です。おそらく…

    2の後ろ側のネジ2本を外した後は、その外側にあるスリット(上から3枚目画像・両側共にです。)にミニドライバーなどを差し込んではめ込みを外して下さい。押し込むだけで外れます。
    (その際にネジを外したすぐ下側もはめ込みが効いているので、外側に引っ張りながら同時にスリットからミニドライバーなどを入れて外装を持ち上げるようにすると後ろ側が外れます。)

    その際上蓋は外装と一緒に外れるので、本体固定とは無関係です。

    以上でOKだと思いますが… 結果報告お待ちしています。(^_^)v 削除
    JE4CER
     
    2014/11/21(金) 午後 11:07
     返信する
  • 顔アイコン
    ありがとうございます!!!できましたーーー!!!
    よそのサイトを参考に、インクカートリッジの箱の下に、飛散防止用にキッチンペーパー詰めたら、完全に噛んじゃったみたいで、箱を左側に移動できなくなってしまって四苦八苦していますが、、
    とりあえずあけれたので、コレでどうしてもダメだったら「もう寿命なんだ」と思ってあきらめがつきそうです;;。。
    本当にありがとうございました!!! 削除
    こざる ]
     
    2014/11/22(土) 午前 7:43
     返信する
  • 顔アイコン
    無事に外れたようですね、ただBOXが引っかかってしまったのが問題ですね!

    自分の場合はウエットティッシュをひいて行います。不織布なのでちぎれないのが良いですよ。あまり厚くするとBOXが動かなくなりますね。

    対処法は電源を入れてカートリッジBOXが動こうとするタイミングでコンセントを抜くと、フリーになって手動で動かせるときがあります。
    自分もたまにやってしまいますので、これで凌いでいます。
    試してみて下さい。^^; 削除
    JE4CER
     
    2014/11/22(土) 午前 8:38
     返信する
  • 顔アイコン
    再びありがとうございます。
    あちこちネジをハズして、なんとか噛んでた物を引っぱって取り出せました^^;。フリーになって手動で動かせる状態になりました!!
    その2を参考に、注射器状のアレと赤いラインの入ってるチューブを繋いで、押し戻ししてるうちにスコンっと抜ける感じがあったので、「やったー!!開通!!」と思ったんですが…。。1滴もでなかったのが、ちょっと出た感はあるんですが。。カートリッジの箱の突起1こずつに注射器刺して洗浄しても、ノズルチェックパターンがひどい穴だらけのままです。。。…観念して新しいの買おうと思います。。。
    2度にわたり、本当にありがとうございました。 削除
    こざる ]
     
    2014/11/22(土) 午後 5:29
     返信する
  • 顔アイコン
    そうですか、それは残念ですね。
    複数回クリーニングしても出ていない所が多い場合はプリントヘッドの中で固着しているか、もしくはヘッド自体の不具合かも知れませんね。

    またのご訪問お待ちしています。 ^^; 削除
    JE4CER
     
    2014/11/23(日) 午後 1:33
     返信する
  • JE4CER様
    ご多忙の所、突然メール失礼いたします。
    私、オークションでヘッド無しのPX-G930を買ってしまいました。
    エプソンに相談しても、それは改造品で一切受付られません。と断られ途方に暮れています。
    あなた様のブログを見て、中古のPX-G930のヘッドを取りだしこの機械に
    付けてみたく思いますますが、
    実はこのプリンターに使ってたPX-G920のヘッドを取り付けた時、ヘッドを取り付け出来ませんでした。
    良いアイデア有りましたら、お教えいただけたら幸いです。

    貝沼 削除
    key*rt*2* ]
     
    2018/9/28(金) 午後 3:52
     返信する
  • 顔アイコン
    こんばんは、訪問ありがとうございます。
    まずプリントヘッドの取り外し方ですが、
    ①外装上側は外す必要があります。またヘッドユニットもフリーにします。
    ②インクを取り付けるBOXの右側に、フラットケーブルが2束隠れているのでプラスチックの押さえを外しケーブルを抜きます。
    ③プリントヘッド自体は3本のネジで留まっています。これを外すとOKです。スペーサーのような小物パーツもありますのでご注意を!
    ④取り付けはこの逆順でOKなのですが、フラットケーブルの収める手順の時に少しコツが必要です。(文字では表現できません、あしからず!)幾度か分解したことがあれば簡単なのですが…

    ※以前PX-G900のヘッドをPX-G920に取り付けたら印字しませんでした。たぶん仕様の違いだと思います。ここのところプリンター弄りをしていませんので、PX-G930とG920の互換性はどうかは分かりません。

    うまくいけば良いですね、ご健闘下さい。(^_^)v 削除
    JE4CER
     
    2018/9/28(金) 午後 9:09
     返信する
プロフィール

JE4CER

記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

ブログランキング・にほんブログ村へ


PVアクセスランキング にほんブログ村

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ